岩﨑あゆみ - Ayumi Iwasaki

image

ニックネーム / こう呼ばれています

いわあゆ(さん)/ あゆさん

担当業務

広報PR/ CS

入社日

2021年7月

SNS

自分には何もない。だからこそ、『MOSH』を世の中のスタンダードにするために、泥臭いことも含めて、できることから粛々とやっていく日々。

新卒で入社した広告代理店のお仕事から、キャリアをスタートしたあゆみさん。転職を重ね、キャリアチェンジを重ね、社内での新規事業立ち上げにも携わるなど、これまで多くの経験をしてきました。 さらには、副業としてリクルートの社内ベンチャー『サンカク』に挑戦したり、発酵ワークショップ『カラダメンテキッチン』という活動を通して、個人としての活動も行ったりと、自分の名前で活躍をしています。 そんなあゆみさんが、

「会社の名前に頼らず、自分の名前で仕事を受けて生きていきたい」

そんな風に思うようになったのには、ある出来事がきっかけでした。

今回は、あゆみさんが「個」を生かして活動することになったきっかけや、多くの転職やキャリアチェンジを経験し、大企業と言われるような組織でも働いてきた彼女が、新たな居場所としてMOSHを選んだ理由を中心にお届けします。

『MOSH』ホストユーザーでもある、あゆみさんの生き様、お見逃しなく!

クライアントワークから事業会社へ。数度の転職を重ね、キャリアもチェンジ。

―MOSHに参画するまで、どんなキャリアを歩んできたのかを教えてください。

新卒で店頭販売に強い広告代理店に就職し、そこからキャリアをスタートしました。

その会社では、クライアントの商品を売るための販促商材の企画制作を行っていましたが、だんだんと働いているうちに現場でのものづくりに飽きてしまったんです。そのうち、上流工程から携わる仕事がしたいと考えるようになり、2年で転職を決意。

これが、私にとっての最初のキャリアチェンジの経験です。

―その後、デジタルガレージのグループ会社であるプロモーションエージェンシーに入社されたそうですね。

はい。入社2日目にして朝4時まで働く、という過酷な会社ではありましたが、「背中で覚えろ」というような考えを持つような師匠のもとで、一般的なマネジメントをあまり受けることなく、クリエイティブの感性や美しい提案・資料について学んでいきました。

その会社に入って3年目に、会社からスピンアウトして立ち上げた新しい会社に師匠が引き抜かれ、私もその会社へ転職することになりました。

前の会社の時から請け負っていた宝島社の仕事も引き続き行っていて、当時活況だったおまけが主役のムック本の全国プロモーション行脚として、日本初の「書店内書店」をプロデュースしたこともあります。テレビ番組に取り上げられ、一瞬だけ映り込んだ経験は、良い思い出です(笑)。

その会社は結果的に、ベンチャーゆえに大きな規模の案件獲得や、安定して収益を挙げることが難しくなり、別会社に買収されることになりました。

買収後は、キャンペーンやプロモーションの大型案件のプランナーとしてアサインされ、コカ・コーラなどの大手クライアントの案件を担当しました。仕事にも慣れ始めた頃、エージェントで働く知人から「そろそろ転職しない?」と声をかけられ、4回目の転職をすることになりました。

様々な背景とともに転職を経験!!
様々な背景とともに転職を経験!!

―スピンアウトした会社に行ったり、会社が買収されたり、波乱万丈な歴史があったのですね。クックパッドに転職されたそうですが、その時の経緯を教えてください。

この時、転職する気なんて全然なかったのですが、知人が話を持ちかけてきてくれたので、どうせなら転職が現実的ではないけど憧れだった会社をお願いしてみようと思い、「転職するなら、クックパッドが良いな」と知人に言ってみたんです。

すると、その日に募集ポジションの話を持ってきてくれて、そのままエントリーすることになったんです。それまでWeb業界での経験はゼロだったので、まさかあのクックパッドに転職できるとは思いませんでした。

―これまで店頭販売や紙の業界でプロモーションを行っていたあゆみさんが、ここからがらっとWebの業界へキャリアチェンジしたわけですね。

そうですね。さらにクックパッドはIT企業でありながら、事業会社。

これまで広告代理店でクライアントワークをしてきた私にとっては、かなり大きな変化となりました。

クックパッドで、新規事業の立ち上げを経験。人生をかけて、何かを作りあげること、始めることの面白さを知った。

―新たな業界へのキャリアチェンジに成功した、あゆみさん。クックパッドでは、どのようなお仕事をされていましたか?

クックパッドに入社した直後は、広告部門でリアル領域のビジネスを作る仕事に携わりましたが、上司との人間関係や、仕事の内容で、思うように動けず…。憧れだった会社に転職できたものの、これまでのパフォーマンスでは通用しないことを痛感し、くすぶっていました。

そんな時にクックパッドで大きな事業転換期が訪れたんです。それが私にとってはチャンスとなり、新規事業の社内公募の機会にCtoCのサービスを起案してみたんです。それが選考で通過して、新規事業の立ち上げを初めて経験することになりました。これを機に広告部門から新しい部署に異動することになります。

―あゆみさんが起案した事業は、具体的にはどのような内容だったのでしょうか?

GPSを活用することで、近所の家の晩ごはんを見つけることができる、というローカルCtoCアプリサービスの事業です。

晩ごはんを作ったユーザーは、作りすぎた食事を近所のユーザーにおすそわけすることができ、それが収入になります。晩ごはんを食べたいユーザーは、自分で作らなくても家庭の味を楽しめることができます。いわゆる、ご近所さん同士で行うフードシェアリングサービスですね。

その後、10ヶ月間くらいのテストマーケを行ったのですが、ボードメンバー向けのピッチで最終的に事業性がないと判断されて、あえなくサービスの開発は中止となってしまいました。

新規事業の立ち上げの楽しさと同時に辛さも経験したクックパッド 時代
新規事業の立ち上げの楽しさと同時に辛さも経験したクックパッド 時代

―面白そうなサービスだったのに、残念です…。その後、クックパッドを退職して5度目の転職をされた、というわけですね。

「人生をかけてやってやる!」くらいの意気込みだったので、「事業性がない」と言われて開発がストップした時には、これからどうすれば良いんだろう…という感じでした。

そんな時にクックパッドに転職する時にアシストしてくれた知人に誘われ、化粧品コミュニティーサイト『@cosme』を運営するアイスタイルに転職することになったんです。

「一緒にやりたいことがある」と誘われたんですが、入社してみると予定していたプロジェクトはなくなってしまい、入社後は社内フリーランスのようなかたちでグループ全体のいろいろな案件の火消し担当のような役割をしたり、SaaS型データマーケティングサービスに携わって、大型リニューアルのプロジェクトでサービス企画の担当をしたり。

最後にリリースできた案件は、ダッシュボード上で狙ったユーザーにアプローチできるという機能です。このプロジェクトは半年間ほどをかけて、自分の中でやりきったなと言えるものだったので、そろそろ次のステージに向かうことができるかもしれないな、と思いました。

自分の名前で、人生を生きる。そのために、外へ、外へと活動の幅を広げていった。

―アイスタイルに入社後、副業や個人事業主としての活動をスタートされたと聞きました。どのような経緯や想いがあったのですか?

クックパッドからアイスタイルに転職した直後に感じたのが、「クックパッドの名刺って、なんて最強なんだろう…」ということでした。

クックパッドに在籍していた時は、“クックパッドの人”というだけでちやほやされ、あちこちからビジネスの相談をされたり、人を紹介してもらえたりしていました。当時、クックパッドの社員数は、800人くらい。それに比べてアイスタイルの社員数は、1500人。会社の規模としては2倍近くに大きくなっているのですが、転職後、周囲からの声かけは少なくなり、自分がいかにクックパッドという会社のブランドに頼って生きていたのかを、痛感しました。

それと同時に、会社の中だけで何かを成し遂げようとすることが全てではないんじゃないか、と考えるようにもなっていったんです。会社の中で、例えば「既存サービスのリニューアルをプロデュースする」とか、いろいろと成果の出し方ってあると思います。

でも、それって社内物差しでは「すごいね」と一目置かれる存在になれたとしても、はたして会社を辞めたらどうなるか。「それってそんなにすごいことなの?」と、言われてしまうかもしれない、と思ったんです。

会社や組織の名前や後ろ盾がなくても、自分の名前で生きていくことができたら…。そんな風に考えるようになり、自分の名前で生きていくための準備をスタートさせました。

―自分の名前で生きていく活動をするため、最初にどのようなことをしましたか?

人脈もない、手に職もない、そんな自分に、個人として生きていく術はあるんだろうか。

そんな風に悩んでいた時に、リクルートが運営する社会人インターンシップサービス『サンカク』に出合ったんです。

最初はボランティアプランナーとして認定してもらい、クライアントワークのプロデュースに関わっていく中で、副業社員としての打診を受け、契約を結ぶことに。これまでの経験や私が持つ知見に対して評価してもらえることで、自分に自信を持てるようになって、ここから社外での活動が活発になっていきました。

―リクルートの『サンカク』との出合いが、自分の名前で生きていくための出発点となったわけですね。その後、どのように個人としての活動を広げていきましたか?

『朝渋』という朝活コミュニティに参加したことをきっかけに、参加メンバーからの多くの刺激を受け、個人としての活動をスタートさせました。

この時に、個人事業で行う発酵ワークショップ『カラダメンテキッチン』の活動を始めました。これは、誰でも手軽に取り入れることができる発酵レシピを、座学と実技を組み合わせたワークショップを通じて伝授するという取り組みです。この活動を通じて、自分の名前で仕事をしてみる、という目標をようやく達成することができました。

その後、『note』と『日経新聞』が共同で運営するコミュニティー『Nサロン』にエントリーし、選考を経て、めでたく1期生として入会を果たしました。

このコミュニティーは、クリエイティブとビジネスの化学変化をコンセプトとした学び場で、著名人をゲストに迎えた講座を定期的に受け、『note』による発信をしていくことで個性を磨いていく、という3ヶ月間のプログラムでした。

週に2、3回夕方から講座を受け、遅くまでメンバーと語らい、課題をやって、また講座を受けて…。という、けっこうハードな毎日でしたが、そこで出会ったメンバーと一緒に、今度は副業スタートアップを立ち上げることになりました。

Nサロンメンバーとともに〜😆
Nサロンメンバーとともに〜😆

―ここでまた、新たな事業の立ち上げに挑戦されたのですね!その事業は、どうなったのですか?

いざ副業スタートアップの立ち上げに向けてプロジェクトをスタートするものの、参加しているメンバーは私を含め、事業の立ち上げを経験した人はおらず、ビジネス素人と言われてしまうような人ばかり。私はリーダーとしてチームのマネジメントが全然できず、プロジェクトをかたちにすることもできず、メンバー解散と共にプロジェクトも終了することになりました。

事業の立ち上げはこれが2度目でしたが、やっぱり自分には起業は向いていないんだな、と思いました。

やりたいことが特にない。何がやりたいのかわからない。そんな課題を抱えた転職活動の中で、見えてきたのはベンチャーへの道。

―今年の1月からMOSHに副業で参画することになったわけですが、どのような経緯があったのですか?

代表の籔くんとは、彼がRettyで働いていた時からの知り合いでした。前々から「いつか仕事を手伝ってほしい」と言ってくれていたのですが、具体的なお仕事をもらうまではいかず、忘れた頃に「あゆみさん、最近どうですか」と彼から連絡をもらったんです。

そろそろ次のキャリアを考えたいと思っていたタイミングだったのと、新しいチャレンジをしてみたいという思いが重なり、まずは副業でお仕事をお手伝いすることになりました。

―半年間の副業期間中、転職活動もされていたそうですね。転職したい会社や業界は、既に決まっていたのですか?

もともと次のキャリアを考えていこう、と思っている中でMOSHへのお誘いを受けたので、そろそろ本格的に行動しなくてはと思い、3月頃からMOSHのお仕事をセーブさせてもらい、転職活動に注力しました。

転職したい業界や会社は、特には決まっていませんでした。

まずは、世の中にどんな会社があるのか、どんな会社だったら自分が役に立つことができるんだろう、そこを探っていくことから始めて、自分が行くべきところはベンチャーかもしれないな、とだんだん考えるようになりました。

ーなぜ、ベンチャーに絞っていったのですか?

転職活動中、エージェントの力も借りて、ベンチャーだけでなく長い歴史のある会社や、いわゆる大企業とよばれる会社にもエントリーして、何度か面接の機会をいただきました。

でも、やっぱり私には大企業は合わないな、と思ったんです(笑)。

―あゆみさんが「自分に大企業は合わない」と感じたのは、なぜですか?

大企業には、いわゆる“大企業病”と呼ばれるものがあると思っています。

たとえば、会議をするための会議をしたり、何か一つ決定するために3部署くらい回って判子をもらわなくてはいけなかったり、何か仕組みを変えようとしても「それは担当者が辞めちゃったので、変えられません」と言われてしまったり…。

本質的に考えてやらなければいけないこと、変えなければいけないことがたくさんあるはずなのに、そのために『ドラクエ』のダンジョンをいくつもクリアしなければならない。レガシーのルールがあるから、新しい変化を起こすために突破しなければならな壁がたくさんある。

そんなことをしていると、一つの仕組みを変えるのに結果的に1年くらいかかることもあります。その間に「会社の方針が変わったから、やっぱりそれはやらなくて良いよ」なんて、上長に言われてしまうこともあったり(笑)。

これまでそういったことを何度も経験してきたので、たくさんの企業の方と面談をする中で、自分には大企業よりもスピード感を持ってチャレンジが出来るベンチャーの方が合っているんだな、と思うようになりました。

―ベンチャーであることの他に、転職活動中に重視していたポイントはありますか?

まずは、ミッションに共感できるかどうか。それから、そのミッションやバリューをメンバーがしっかりと理解して、自分事に捉えて働くことができている会社かどうか。

あとは、事業内容が未来志向で、自分がそれをやるべき理由を見出すことができて、使命感を持てるかどうか。そんなところを重視していました。

転職活動をする中で、だんだんと自分の目指すところや大切にしたいところが見えてきた、という感じですね。

―転職活動をする中で、課題に感じていたことや、悩みはありましたか?

どんな風に働きたいか。これは明確に見えていたんですが、実際にやりたいことが特にないというか、やりたいことが何なのかが分からず、それを言語化できないことが課題でした。

エージェントに話すと、「岩崎さんは、何ができる人なのか、何をお任せしたら良いのかがわかりづらい」と言われてしまったこともありました。

これは多くの「ゼネラリストタイプ」の働き方をしてきたキャリアの人がぶつかる壁かもしれません。 「ゼネラリスト」=「飛んできたボールに対して、一通り打ち返すことはできる」という何でも屋さんだという定義でお話しすると、「案件をよしなに回せる使いやすい便利屋さん」である一方で、視点を変えると、突出した武器がなく「特定の領域のここを任せたい!」という風になりづらいんです。

面談中には、そういった課題感や過去の挫折体験もかなりオープンに話をさせてもらいました。扱いやすいかでいくと、扱いづらい人種だと自負しています。

でもそういった部分も含め、私の個性を生かして、尊重してくれそうな場所。 それが、MOSHでした。

―「何がやりたいのかわからない」これは、多くの人に当てはまる悩みなのかもしれません。そのことに対し、籔さんは何か言っていましたか?

籔くんは、「あゆみさんは何がやりたいのかわからないと言っているけれど、ボールを投げたら、何かしら返せますよね」と言ってくれました。どんな無茶振りも、「まずは返えそう」とアクションすることができるところは、私の良いところかもなと思っています。

ベンチャーでは、昨日決まったばかりのことが、翌日がらっと方針転換によって変えなければいけない、ということが多々あると思っています。私は1つの道のスペシャリストではないので完璧ではないかもしれないけれど、そんな時も「よしな力」で臨機応変に打ち返すことができるだろう。そういう意味で、MOSHの力になれることはあるかもしれない、と思うことができました。

―最終的にMOSHへの入社が決まったということですが、決め手は何でしたか?

先ほどお話した、重視するポイントを満たしていた会社だったこともそうですが、何より代表の籔くんの魅力、MOSHに携わるメンバーの魅力に惹かれたからです。

籔くんは独特のまったり感があって、独特の間を持っている人ですが、実はすごく強いこだわりを持っています。経営者としてのふところの大きさもあるし、人を巻き込む力もある。人とのご縁を大事にして、関わる人の個性を大事にしてくれる。そういうことが、自然とできちゃう人なんですよね。

私は昔から、人と違うことをしたい、とか、いつかは起業したい、と考えることが多くて、実際に起業を試みたこともありましたが、残念ながらその器はなかったなと思っています。でも、籔くんは、私に持っていないものを持っていました。

私はけっこう自分勝手でマイペースなところがありますが(笑)、籔くんはそういう私の癖や性格を個性として捉えて理解してくれて、尊重してくれる。それは本当にすごいことだな、と思います。

―やはり、会社選びで“人”は大事なポイントですよね。その他、MOSHのメンバーについてはどう感じていますか?

MOSHのメンバーは、みんな本当に良い人です! 当たり前のように、他のメンバーのために動くことができる人ばかり。人のために自分は何ができるか、を自然と考えることができて、自分とメンバーの間に壁を作らない。まだ半年間ほどのお付き合いですが、既に頭が上がらないです。

『MOSH』を世の中のスタンダードにしていくこと。それが、いま私がMOSHで実現したいこと。

"個"として生きていくことの素晴らしさを体現しているあゆみさん✨🙌
"個"として生きていくことの素晴らしさを体現しているあゆみさん✨🙌

―この7月から、MOSHの社員になるあゆみさん。MOSHでやりたいこと、実現したいことを教えてください。

直近の自分の目標は、『MOSH』を世の中のスタンダードにすることです。

とても社会的意義のあるテーマだと思う反面、まだまだごく一部の限られた人たちにしか届けられていないニッチサービスだと思っています。

これから先ますます「個性」を活かした働き方が増えていくだろうという流れが出てきているので、『MOSH』を活用するユーザーさんの多様な生き方、活躍の仕方、“個”として生きることのすばらしさを世の中に伝えて、多くの人が人生を豊かにしていくための支援をしていきたいと思っています。

そのためにできることは、たくさんあるはず。なので、仕事の幅や領域をあまり決めすぎず『MOSH』が世の中のスタンダードになるために、できることがあればどんどんトライしたい。

「これをやったら『MOSH』がスタンダードになれるんじゃない?」と思えるようなことがあれば、挑戦してみたいと思います。

―最後に、自身も“個”を生かした働き方に挑戦しているあゆみさんが考える、自分の名前で生きていくことについて、その大切さや面白さを教えてください。

MOSHに入社して、個人事業主として活動していた事業をクローズしました。私はまだまだ「個」として何かを成し遂げた成功体験がひとつもありません。

だから、今はまさに「個」として活動を成立させるまでのプロセスにすぎません。

今後、結婚をするとか、海外に拠点を移すとか、環境が変わることもあるかもしれません。いずれフリーランスにもなってみたいという思いもあります。

何か自分の環境に変化が起こったとしても、死ぬ直前まで働いていたいと考えているので、自分の名前で生きていけることは、一生の武器になるだろうなと思っています。

自分の可能性は、自分で広げることができる。いつだって、何歳になったって、挑戦できますし、いつまでだって初体験はできるんです。「個」を意識するとしないとで、人生における価値観にぐっと差が出ると思っています。

「結婚して子供を産み、子育てしながら働く」といった、いわゆる「ロールモデル」からはみだしてしまったとしても、自分らしく生きて、充実した人生を送る自分でいたい。

そう思って、「自分らしさ」を忘れずに働いていたいと思います。

image